Hope is a Dream. Dream is a Hope.

非公開ふぃふぃ工房ブログは再開しました。

awsでflaskを立てる方法3つ

2018年9月19日現在, AWSにてFlask(python web フレームワーク)を立ち上げる方法は3つある

いつもどれがなにか忘れるので備忘録を残す

    1. CodeStar - EC2
    1. CodeStar - ElasticBeansTalk
    1. Cloud9

1. CodeStar - EC2

1.1 セキュリティグループにてポート開放 EC2のコンソールを立ち上げて、「Cloud9」のインバウンドのHTTPの80番とHTTPSの443番ポートを開放 これで開発用環境のサーバーに外からWEBサーバーにアクセスことが出来る

1.2 サーバーの起動 READMEにしたがって、virtualenvを使ってflaskのみインストールされたpython環境をつくる flaskrun.pyを起動する

1.3 Previewの設定 「Preview>Configure Preview URL...」にて、Cloud9 EC2のパブリックIPを指定する

その他 CodeStarで環境を構築した場合は2つのアクセスポイントが存在する

    1. 本番サーバ(EC2)のアクセスポイント
    1. 開発サーバー(Cloud9 EC2)のアクセスポイント

双方ともセキュリティグループにてポートを開放する必要がある.

2. CodeStar - ElasticBeansTalk

(↑と同じ)

3. Cloud9

3.1 セキュリティグループにてポート開放 EC2のコンソールを立ち上げて、インバウンドのHTTPの80番とHTTPSの443番ポートを開放 これで外からWEBサーバーにアクセスことが出来る

f:id:hope_is_dream:20180919214337p:plain

3.2 WEBサーバーを立ち上げる デフォルトでApacheWebサーバーがインストールされている。

sudo service httpd restart            # webサーバーの起動
curl localhost              # ウェブページの確認

しかしApacheではFlaskはそのままは使えない。