Hope is a Dream. Dream is a Hope.

非公開ふぃふぃ工房ブログは再開しました。

Sublime Text 3 入れなおし 2019

急にパッケージコントロールが動かなくなったので、入れなおしをしました.

ダウンロードとインストール

本家からダウンロードします。 私はportable versionを使っています. (Drop Boxにおいて共有PCで利用している)

Download - Sublime Text

キーバイド

キーバインドは、オリジナルです. Ctrを押しながら, h,j,k,l,を押してカーソル移動できるようにしています.

[
    // ひと文字右へ移動
    { "keys": ["shift+space"], "command": "move", "args": {"by": "characters", "forward": true} },
    
    // 右
    { "keys": ["ctrl+l"], "command": "move", "args": {"by": "characters", "forward": true} },
    // 左
    { "keys": ["ctrl+h"], "command": "move", "args": {"by": "characters", "forward": false} },
    // 下
    { "keys": ["ctrl+j"], "command": "move", "args": {"by": "lines", "forward": true} },
    // 上
    { "keys": ["ctrl+k"], "command": "move", "args": {"by": "lines", "forward": false} },

    // カーソルを右端へ移動. <= これがすごい便利
    { "keys": ["ctrl+e"], "command": "move_to", "args": {"to": "eol", "extend": false} },
    // カーソルを左端へ移動
    { "keys": ["ctrl+r"], "command": "move_to", "args": {"to": "bol", "extend": false} },


]

フォント : プログラミング用

2018/5/10日のアップデートで、「FiraCode」が使えることになったらしいので、さっそく試してみる.

「Preferences」 -> 「Setting」から設定ファイルを開き、以下の設定を追加する.

"font_face": "Fira Code",
"font_options":
[
    "gray_antialias"
],

フォント : 日本語

プログラミングフォント Myrica / Estable | Myrica (ミリカ)は、フリーなプログラミング用 TrueType フォントです。

"font_face": "Mirica M",
"font_face": "MiricaM M",
// どちらかを使う

※ 日本語フォントと英字フォントを同時に設定できないので、どちらか使ってください。

Markdown環境

仕事はMarkdownでメモを取るので、環境を入れます

カラーテーマ

カラーテーマはmonokaiが好きですので、Monokai Extedパッケージをインストールします. 設定は、Preferences -> Color Theme -> Monokai Origin.

  • Monokai Extend

その他

  • AutoFileName
  • Color Highlighter
  • BracketHighlighter
  • ConvertToUTF8
  • IMESupport

以上